リスト

地球の名言

presented by 地球の名言
プロフィール

smile佳保

Author:smile佳保
蓮(れん):2005年9月1日生まれ 柴犬 男の子
空(くぅ):2013年4月3日生まれ チワックス 男の子
管理者
蓮ママ:羽曳野市在住 2月9日生まれ 水瓶座
趣味は、GLAYのTERUさんが好き GLAYの曲で癒されてます。

日本救急医学会ICLS、大阪府医師会ACLSのインストラクターの認定を取得し毎月1~2回いろんな病院で医療従事者を対象とした成人、小児の一次救命処置、二次救命処置のコースに出ています。また大阪ライフサポート協会のインストラクターで一般の方にも心肺蘇生、AEDの普及活動を行ってます。

社団法人 日本アロマ環境協会の検定1級取得(2008年11月)
社団法人 日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー取得(2009年2月)環境カオリスタ認定も頂きました^^
生活にアロマを取り入れてます。

2014年4月より 看護科の教諭で学校勤務しています。2015年4月より、環太平洋大学3回生編入 入学し学士取得。
蓮・空 といろんなところへ出かけ、毎日ワクワク穏やかな平穏な日々を送っています。
いろいろな情報交換が出来ればとブログを作りました。
お友達の輪をどんどん大きくしたいです。
よろしくお願いします。

アメブロのサイトブログ"

http://ameblo.jp/smile-ren777/


MIXI もしています。マイミクさん募集中!

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

人気ブログランキングへ

ポチとクリックして下さい^^

私のHPです。
1999年7月から、ブログで日記を書いています。

初代の日記ワクワクドキドキスマイル日記




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイスカウト救急章講習考査会      BY REN

朝のお散歩で観察している向日葵のお花
今日もいいお顔してたよ
20100725niki1.jpg 20100725niki.jpg

毎日、暑いね
雨が恋しい
そこで今日は、霧シャワーでクールダウン
これは、シャワーよりいい
僕は水が嫌いだけど
霧なら気持ちいいや~



ママは久しぶりにボースカウトの制服を着て出かけたよ
年に2回の救急章考査会があるんだって
どんどん変化する医療や看護。創傷処置も、消毒液を使わないで、流水で洗い流しラッピング法。
医療の現場は術後の創傷処置も、昔は消毒液を塗って滅菌ガーゼだったが、今は、消毒液を使わずに
ドレープを貼っている。
創部が感染して、化膿したら、生食で洗い、抗生剤投与などを考える。
消毒液を使うと新しく出てきた組織の細胞までを死滅させてしまい、治癒が遅くなるとされている。
ボーイスカウトの救急章も、新しい本を買ってもらい新しいことを伝授している。この新しい本も心肺蘇生に重きを置いている。小学生の子供が、しっかり胸骨圧迫をして、父親を助けたというニュースがあった。
救急車が到着するまで、しっかり胸骨圧迫をして5分以内にAEDを使うと救命率が上がっている。脳死を防ぎ植物人間ではなく社会復帰出来るように助けなくてはいけない。
この心肺蘇生法も5年おきにガイドラインが変わっていき、ヨーロッパではもう新しくなっている。
日本も今年の10月にまた若干変わってくるらしい。
一度心肺蘇生の講習を受けても、忘れていることも多いと思うし、どんどん変わっていくので機会があれば
何度も受けて欲しいと伝えた。
今日のスカウトは6名だけ。前回は30名もいてたので大変だったが、少人数の方がしっかり見てあげることが出来る。6名全員合格となった。
講習会が終わり、スカウト委員長から、菊や富士章の面接で、救急章の考査会が楽しかったって言ってたスカウトがいたそうだ。特に包帯法が得意になったと。スカウトを褒めてあげることで、それが自信につながり、これは絶対に誰にも負けないというスキルを身につけることが出来たみたいだと。
それを聞き、とっても嬉しく思い、また励みにもなった。
スカウト達も、しっかり出来ていることは褒めて育てなくてはいけないんだなと、再認識した。
ボーイスカウトは、ボランティア活動。貴重な休日を1日潰し、報酬はスカウト達の笑顔。
これがお金よりも大切なことなんだって思える。
また、一緒に考査会を助けてくださった、ボーイスカウトリーダーでN病院のナース、学校の教師をしている方、またスカウト委員のみなさんとボーイスカウトの活動の話をするのも楽しい。
今は、土・日は、月に2回、他の病院へ行き、平日の代休は一般の方や小学校から大学まで学生相手にACLSのインストラクターをさせてもらい、ボーイスカウト活動からは足が遠のいているが、また機会があればスカウト達とハイキングやキャンプもしたいなって思った。
とっても過酷なハイキングやキャンプだが、これがまた一生涯忘れることの出来ない思い出となる。キャンプから帰ってきた日は、家のお風呂に入り、お布団で寝れる幸せ、そういう当たり前の生活がありがたいな、幸せだなって感謝出来る、素晴らしい活動だ。

ママは熱弁してたよ。
僕もボーイスカウトに入りたくなったな。子供達と仲良く出来るんだけどな。
今度生まれ変わったら、人間の男の子になって、ボーイスカウト活動をしたいな。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
スポンサーサイト

テーマ:柴犬
ジャンル:ペット

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。